カテゴリー
未分類

副業である程度の稼ぎが出ている場合は青色申告も視野に入れよう

生業の仕事を持ちながら副業をしている方もいるかと思いますが、副業によっては稼ぎがかなり出ていたり、生業よりも稼いでいる方とかもいる傾向であり、手を出しているビジネスは人それぞれによるけど、色々な理由から副業をはじめる方が増えている形となっています。

これから副業をはじめようかなと考えている方もいるかと思いますが、副業での頑張りによっては普段の仕事とかで必ずしないといけない確定申告の他に別途でもう一つ確定申告をしなければいけなくなるのでここは覚えておいたほうが良いものであり、生業の仕事とかの稼ぎとかで確定申告をする時は白色申告と呼ばれる方法が適用されています。

副業とかの稼ぎで確定申告をしなければいけなくなってしまった時は青色申告という方法で手続きをしないといけないので、白色申告とは別で手続きをしないといけなくなるため、ここはしっかりと頭の中に入れておくようにお願いします。所得税などもかかってきたりするのでそこも知識として頭の中に入れておいたほうが安心できます。

ちなみにですが、副業の場合は年間所得が平均で20万円以上を超えていた場合は青色申告をしなければいけなく、ギリギリのボーダーラインであった方とかも心配であれば、青色申告をしておいたほうが源泉徴収とかで多少お金が戻ってくることがあったりします。ギリギリのボーダーの人達も青色申告をしておいたほうがメリットがあったりするので覚えておくとよいです。

この青色申告ですがどこでできるのかというと、白色申告と同じで税務署とかで手続きできますし、税理士事務所とかで税理士の方に頼めば代行してやってくれたりするので手続きはスムーズにできるようになっています。最近ではwebサービスとしてクラウドタイプの確定申告ツールが出ていたりするのでそれを使って書類を作ったり手続きをすることもできます。

青色申告に対応している確定申告用のソフトを使って書類を作りつつ、手続きをするといったことも可能であります。年間所得とかを算出するための計算式とか所得税の出し方などの計算方法はインターネットを利用して調べれば詳しい詳細を教えてくれるwebサイトやブログが出てくるのでそういったところで勉強することができます。

副業するにあたって気をつけたいのは定められているボーダーを超えてしまったら必ず青色申告とかの手続きをすることであります。申告漏れとかがあったりするとちょっとした罰則とかもあったりするのでしっかりと申告はしておいたほうが良いです。