カテゴリー
未分類

家事に使える時間が増えるメリット

仕事をしていると家事をする時間がない、そんな悩みがありませんか。在宅ワークなら家事をする時間を作りやすくなります。 多くの会社は1日8時間労働なので、会社で過ごす時間は余裕を持って出勤してきて、帰宅の準備をする時間も含まて、9時間ほどになります。通勤や帰宅の時間も含まると外に出ている時間は10時間以上になります。 食事をしたり睡眠をとったりなどの時間は短縮することが難しいです。そして、自分の趣味の時間も持ちたいです。睡眠を8時間、食事を1日で2時間だとすると、会社で仕事をする時間、食事などの時間、趣味の時間を差し引くと、家事に使用できる時間は2時間ほどになってしまいます。あれもこれもやらなければならない家事があっても1日の中ですべてをこなすのは難しいです。 また、会社に出勤をする場合は家事に使える時間帯が早朝や夜遅くに限られてしまいます。この時間帯は近所ではまだ寝ている人がいる可能性があるため、大きな音は立てることができません。特に集合住宅の場合は配慮が必要です。そのため、掃除機のような音がでる機器を使った家事は控えなければなりません。 こういった理由で、会社に出勤をしていると家事のための時間を作りにくいのです。 時間があったとしても、朝は体がシャキッとせず家事をするのがおっくう、夜は仕事で疲れていた家事をするのがおっくうで、家事をやる気がでてこないことでしょう。 在宅ワークは通勤に使っていた時間を有効活用できるため、この時間を家事に当てることができます。職場での無駄話やだらだらと伸びる会議もないため、この時間も家事に使えます。仕事の計画はある程度自分で決められるので、仕事と家事の両立もできることでしょう。 仕事で精一杯、家事なんてする時間がないという方は珍しくありません。仕事が忙しくて家事をする時間がないとはいっても、家事ができていない罪悪感を抱えてしまいがちです。在宅ワークで家事をする時間を確保できるようになると、こういった罪悪感が減少します。 また、家の状態は心の状態を表しているといわれていて、家がきれいになると気持ちもすっきりとします。片付いた家で仕事をすれば、仕事がはかどることでしょう。生理されていると仕事に使うものが見つからない、ということも減ります。 在宅ワークなら家事にあてる時間を確保しやすく、それによって罪悪感が減り、家がきれいになり、仕事がはかどるというメリットがあるのです。